スポンサーリンク

宿舎が心配

シェアする

宿舎が心配

現在、中国も新型コロナウイルスの第2波、第3波が来ているためか、ここ最近、感染者数が増加してきています。そのため、ゴールデンウィーク明けに開学予定だった大学も、現在開学ができない状態になっています。

おそらくこの状況が今後も続けば、大部分の大学が今学期の開学は、絶望的な状況になるのではないでしょうか。

そうなれば、学生たちもこのままネット授業を継続することになりそうです。私も含め現在日本にいる日本人教師の場合は大学が開学したとしても、ビザが一時停止されているため、いずれにせよ戻れませんので、このままネット授業を継続しなければならないのですが。

そのため、今心配しているのは宿舎です。私は宿舎の2階に住んでいるので、カビが心配です。なぜなら、以前、夏休み明けに戻ると、部屋がカビだらけになっていたことがあったからです。

また、台所にはゴミは放置していなかったとは思いますが、もし放置していたら、ゴキブリがたくさん走り回っていないかも心配です。

もし今学期戻れないことになると、半年以上部屋を開けることになりますので、戻った時に、玉手箱ではありませんが、ドアを開けるのがちょっと怖いです。

日本に帰る前はまさかこんな状態になるなんて、想像もしていなかったので、今思えば、部屋をしっかり片付けてから帰るべきだったなと後悔しています。

それから、今心配しているのはビザです。最悪今学期戻れなかった場合、ビザはどうなってしまうのでしょうか。例年なら、もうそろそろビザの更新の時期ですが。ビザに対する何らかの優遇措置はあるのでしょうか。それとも、期限が切れてしまったら、もう1度ビザを取り直さなければならないのでしょうか。

もしもう1度ビザを取り直すとなると、お金も時間も労力もかかるので、とても嫌なのですが。中国のビザ申請はとても煩雑過ぎるので。おそらく外国人を雇うと、中国人の雇用の機会が奪われてしまうので、とても煩雑にしているのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする