スポンサーリンク

中国では冬至に餃子

シェアする

冬至に餃子を食べる

今日12月21日(2016年)は冬至です。冬至は1年で昼が最も短く、夜が最も長くなる日です。中国では冬至に、餃子を食べる習慣があります。
 

冬至には、食堂や教室などで、みんなで餃子を作って、食べたりする学校もあります。やはり、みんなで、わいわいがやがやしながら、一緒に餃子を作るのはとても楽しいものです。
 

中国の学生はみんな餃子を作るのがとても上手です。しかも、中国では皮から餃子を作り始めます。さすが餃子の国です。 

冬至の日などに作る餃子の中には、お金を入れたり、飴を入れたりします。もし中にお金が入っている餃子を食べられたら、来年は幸運な1年を迎えられます。

ただ、お金入りの餃子は衛生的にどうなのかなと思ってしまうのですが。また、飴入りの餃子も、餃子を茹でた後、飴が溶けるので、食べたとき、甘い味が口の中にいっぱい広がり、奇妙な味がします。

また、餃子を作っているときに、気分転換として、餃子の粉をお互いの顔に擦り付け合って、遊んだりとかもします。ですから、食べる時には、みんなの顔が真っ白になっています。


  

自分たちで作った餃子をみんなで一緒に食べるのは、やはり至福の時です。体も心も温かくなります。

中国では一般的に水餃子が主流です。水餃子は大きく分けて2種類あります。

1つはスープ入りの水餃子です。

もう1つはスープがなく、醤油や酢をつけて食べる水餃子です。

水餃子がスープ入りかスープ入りじゃないかは、地域によって、違います。一般的に、寒い地域は、体を温めるために、スープを入れます。
 

なぜ冬至に餃子を食べるのか

最後に、なぜ冬至に餃子を食べる習慣ができたのかを紹介します。

後漢の時代に、張仲景という有名なお医者さんが餃子を発明しました。

その当時のある冬、多くの貧しい人々が飢えと寒さに苦しみ、凍傷で両耳がただれてしまいました。そこで、張仲景が鍋で「去寒嬌耳湯」という物を作りました。

それは羊肉や唐辛子、生薬を煮込んだ物でした。張仲景はそのできあがった物を小麦粉でできた皮で、耳の形に包みました。これが餃子の始まりです。

それを食べた貧しい人々はみんな、体が温まり、血色も良くなり、凍りついた両耳が暖かくなり始めました。そして、しばらくこの餃子を食べ続けた結果、耳のただれが良くなっていき、凍傷が治っていきました。

このことが多くの人に伝わり、それ以降、毎年冬至になると、人々はこれを真似て、作るようになりました。それとともに、「冬至に餃子を食べると凍えない」という言い伝えが生まれ、それが現在にも語り継がれ、冬至の日に餃子を食べる習慣が生まれました。

確かに、言われてみれば、餃子は耳のような形をしていますね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする