スポンサーリンク

USBメモリー

シェアする

USBメモリー

授業で写真や動画を見せたいとき、教室のパソコンを使うことが多いと思います。そのために教室へ持って行くのが便利なUSBメモリーです。

私は授業で写真や動画を見せることが多いですので、USBメモリーに写真や動画をたくさん保存できるように、容量が大きいUSBメモリーを使っています。

このように私にとってはUSBメモリーは大事なものなのですが、かつて私は幾度かUSBメモリーを紛失してしまったり、USBメモリーをズボンのポケットに入れていたことを忘れて、洗濯をしてしまい、そのせいで、USBメモリーの中の動画や写真などが全滅してしまったことがありました。

私と同じようにUSBメモリーをズボンのポケットに入れていたことを忘れて、洗濯をしてしまうような間抜けな方はいないと思いますが、USBメモリーを教室のパソコから抜き取らないで、帰ってしまった方はいっぱいいるのではないでしょうか。

教室へ行くと、別の先生のUSBがパソコンにあるのを何度も見掛けたことがあります。

最近はUSBメモリーを取り忘れて帰ってしまっても、次回教室に行ったときにまだあることが多いので、取り忘れて帰っても問題ないと言えば問題ないのですが、かつては取り忘れて帰ったら、無くなっていることが多かったので、取り忘れには気をつけていました。

そんな取り忘れを防ぐための一番良い方法はUSBメモリーの内容をデスクトップにコピーして、すぐにUSBメモリーを抜き取ることです。これを習慣化しておけば、取り忘れて帰ってしまうことがなくなります。

学校のパソコンはシャットダウンと同時にデータが消える仕組みになっていることが多いですので、パソコンにデータが残ってしまうような心配もありません。

私は面倒くさがり屋な性格のために、かつては念のために別の記録メディアに保存するというような習慣がなかったため、USBメモリーを紛失したら、今までの保存したものがすべておじゃんになっていました。それが相当ショックで、立ち直れなかったために、それ以後は別の記録メディアにも保存するようになりました。

私のような不幸が皆さんにも起きないように、皆さんも念のためにいつも別の記録メディアにも保存することをお勧めしたいと思います。私に言われなくても、皆さんはそうしていると思いますが(苦笑)

ユーチューブ動画のダウンロー

私は授業で時間が余った時などに、時間調整のために、動画を見せることが多いです。

特にユーチューブから拝借した動画を見せることが多いのですが、以前はユーチューブの動画をダウンロードするときは、専用のソフトウエアを使ってダウンロードしていました。

しかし、最近は専用のソフトウェアを使わなくても、ダウンロードできる方法を見つけたので、その方法でダウンロードしています。そのおかげで、ダウンロードするのがとても楽になりました。

その方法はとても簡単ですので、紹介したいと思います。まず、ユーチューブで見たい動画を選びます。

その後、動画のURL「https://www.youtube.com~」のyoutubeの前に、thxと入力します。そうすると、ダウンロードの画面に切り替わりますので、後はダウンロードするだけです。

とても簡単な方法ですので、授業などでユーチューブの動画を見せたい時は是非お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする