スポンサーリンク

中国への移住を決めた若者たち

シェアする

中国への移住を決めた若者たち

例えば、パソコンを買ったけど、パソコンの使い方が分からなかった時、どうしますか。きっとそのパソコンメーカーのコールセンターに電話をすると思います。すると、「お待たせ致しました。カスタマーセンターです」というハツラツとした日本語が聞こえてきます。

実はその電話の多くは人件費が安い中国に転送されているのです。更に驚くことに、電話を受けているのは、中国で現地採用された月給6万円~8万円前後の日本人たちなのです。

中国へ移住する若者たちは「日本を捨てたのか?」それとも「日本に捨てられたのか?」いったいどうしてこんな安い月給でも、海を越えて、中国を目指す人が多いのでしょうか。

こちらのドキュメンタリー番組は中国への移住を決めた若者たちの日本離れの実態に迫っています。

私は負け犬ではない

若者が中国への移住を決める理由には大きく分けて、3つあると思います。1つ目は壮大な夢を実現させるために中国に行く人。2つ目はキャリアアップするために中国に行く人。3つ目は日本で良い仕事が見つからず、仕方なく中国にやってきてしまった人。

この中で一番多いのはおそらく3つ目の「日本で良い仕事が見つからず、仕方なく中国にやってきてしまった人」なのではないでしょうか。

実は私もそのうちの1人です。私は3つ目の理由で中国へ来てしまいましたので、完全な負け犬です。なぜなら、私の月給も8万円前後で、年収に換算すると、100万円にも満たないからです。

ただ、月給8万円前後と言っても、中国の初任給の2倍前後もらっていますし、中国は物価が安いので、こんなに給料が低くても、日本で働いていたときよりも、だいぶ余裕のある生活ができます。

そればかりか、毎月いくばくかの貯金もすることができます。ですから、おそらく、これが日本で奴隷並みの暮らしをしていた多くの日本人が中国へやって来るもっとも大きな理由の1つになっているのではないのかと思います。

しかし、いくら中国で生活を謳歌できたとしても、日本に帰国した場合、日本で生活できるほどのお金がたまらないという現実は常に付き纏います。

それでも、中国へ移住した日本人の誰もが口をそろえて言うのは、今の日本よりはましだという言葉です。今の日本経済は停滞していますので、中国経済の凄まじい成長を実際に肌で感じた日本人たちにとっては、日本へ帰ったとしても、日本に夢や希望などが持てないのです

ただ、最近は中国も物価が高騰してきていますし、ビザ発給の条件も厳しくなってきましたので、今は多くの日本人が東南アジアへの移住にシフトし始めているという現実もあります。ですから、今は中国でも、夢や希望などが持てなくなってきてしまいました。

私は見知らぬ日本人とSKYPEで話をするとき、良からぬ輩たちからまずよく言われるのは「よく中国で働く気になったね」とか「日本では使い物にならないから、中国へ行ったんでしょ」という言葉です。

私は負け犬の遠吠えはしたくありませんので(笑)、そう言わたとしても、別に何の反論もしません。なぜなら、私は今中国の大学で日本語教師をしていて、とても楽しく、充実した毎日を送れているからです。

逆に、日本で何の目的もなく、会社のために、ロボットのように毎日働いてる彼らよりもよっぽどましだとすら思っています。

また、嫌な上司もいませんし、取引先に頭を下げる必要もありません。いるのは限りない未来がある学生たちだけです。そんな学生たちに日本語を教えられる仕事ができるのはこの上なく幸せなことです。

日本で働いていた場合、果たしてこんな充実した毎日が送れていたかどうか。やはり国は違えど、大学で働けることはとても幸せなことだと思います。日本の大学で働くなんて、とても狭き門ですから。

学生からもよく「先生はどうして中国に来たんですか」と聞かれることがあります。そのとき、私は負け犬だからとは言わず、チャイナドリームを手に入れるためと答えています(笑)。

実際、私は鞄にいっぱいの夢を詰め込んで、中国に来ました。そして、こうやって中国の大学で働けるというチャイナドリームを手に入れました。

ただ、私はチャイナドリームを手に入れましたが、どんなに切り詰めて生活しても、日本で暮らせるだけのお金はたまらないのが現実です。それでも、これは私にとってのチャイナドリームなのです。お金を取るか夢を取るかの二者択一に迫られた私はチャイナドリームという夢を取りました。

私も自分が輝いていられる場所が中国です。やはり自分が輝いていられる場所で働くのが一番だと思います。人生は1回しかありませんから、後悔しないような選択や生き方をしたいものです。

今後チャイナドリームを求めて中国の大学へ来られる方はお金のことは考えず、中国の日本語教育のために、中国で骨を埋めてやるぞという覚悟で来てほしいと思います。そうすれば、中国で何も恐れるものはありません。

人口14億人を抱える巨龍中国。中国はこんなに広い国土に、こんなにたくさんの人が暮らしていますから、毎日発見と驚きの連続です。こんな魅力ある国は世界で中国以外にはないと私は思っています。

人にはそれぞれいろいろな人生模様があります。だからこそ、こういう人間模様が描かれたドキュメンタリー番組をたくさん見て、いろいろな人の生き様から、いろいろなことを学ぶべきだと思います。そうすれば、それが糧となり、どんなに困難にぶつかったとしても、きっと乗り越えられると思います。

今後は中国での勝ち組になれるように(笑)、一生懸命精進して参りたいと思いますので、引き続きこちらのブログもよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする