スポンサーリンク

昔話の読解教材⑤ 『かちかち山』

シェアする

『かちかち山』の本文と単語・文法

ある日、お爺さんが畑に行くと、悪戯者の狸が、畑の芋を盗んで、食べていました。「こら、悪い狸め!」お爺さんは、狸を捕まえて、縛って、家に連れて帰りました。

家に帰ったお爺さんは、天井に狸を吊るしました。お爺さんは「お婆さん、畑で悪戯者の狸を捕まえたよ。しばらく、こうして、懲らしめてやろう」と言うと、また畑へ出掛けて行きました。

お爺さんが出掛けると、狸はお婆さんに「お婆さん、縄が痛くてたまりません。どうか少し緩めてください。」と言いました。お婆さんは優しい人だったので、「それは可哀想に。少しだけ緩めてあげよう」と言って、縄を緩めてあげました。すると、狸は縄を解いて、お婆さんを何度も叩いてから、逃げて行きました。

お婆さんは、大怪我をして、寝込んでしまいました。次の日、お婆さんと仲良しの兎がお見舞いに来ました。お婆さんから狸の話を聞いた兎は、とても怒りました。そして、お婆さんに「よーし、悪い狸に仕返しをしてやろう」と言いました。

兎は狸の家に行って、「狸さん、狸さん、山にたくさん美味しい茸があるよ。一緒に行って、食べないか」と言いました。狸は「それはいいね。じゃ、一緒に行こう」と言いました。兎は「じゃ、僕は鍋を持つから、狸さんは、柴を背負ってくれないか」と頼みました。兎と狸は山へ登って行きました。しばらく行くと、兎は狸が背負った柴にかちかちと火打ち石を打ちました。狸は兎に「兎さん、今、かちかちという音がしたけど、何の音?」と聞きました。兎は「それはね、ここが、かちかち山だからさ」と答えました。しばらくすると、柴に火が付き、ぼうぼうと音を立てて、燃え始めました。狸は兎に「兎さん、今、ぼうぼうという音がしているけど、何の音?」とまた聞きました。兎は「それはね、ここが、ぼうぼう山だからさ」と答えました。

そのうち、狸の背中にも火が付きました。狸は「あちちちちち」と叫びました。兎は狸に「お婆さんを虐めた罰だ」と言いました。狸は兎に「ごめんなさい、ごめんなさい。もう二度と悪いことはしません。どうか助けてください」と言いました。狸が一生懸命謝っていたので、兎は狸を助けてあげました。そして、狸を連れて、お爺さんとお婆さんの家に行きました。狸は「お爺さん、お婆さん、この前は悪いことをしました。どうか許してください」と謝りました。お爺さんとお婆さんは、狸が謝ったので、許してあげました。それからは、みんな仲良く暮らしました。

単語

畑 悪戯者 芋 ~を捕まえる ~を縛る 天井 ~を吊るす ~を懲らしめる ~を緩める ~を解く ~を叩く 怪我をする 寝込む お見舞い ~に仕返しをする 茸 ~を背負う 火打ち石を打つ 火が付く 音を立てる ~が燃える ~を虐める 罰

文法

形容詞+くてたまりません 動詞(て形)+てくれませんか

『かちかち山』の内容確認の質問

①ある日、お爺さんが畑に行くと、誰がいましたか。
②悪戯者の狸は畑で何をしていましたか○○さんはどんな悪戯をしたことがありますか。
③お爺さんは悪戯者の狸をどうしましたか。○○さんなら、どうしますか。
お爺さんはどんな性格だと思いますか。
⑤家に帰ったお爺さんは狸をどうしましたか。○○さんなら、どうしますか。
⑥お爺さんが出掛けると、狸はお婆さんに何と言いましたか。
⑦それを聞いて、お婆さんはどうしましたか。
⑧お婆さんはどんな性格ですか。
○○さんなら、縄を緩めてあげますか。それはどうしてですか。
⑩狸はお婆さんに何をしましたか。
⑪次の日、誰がお見舞いに来ましたか。どうしてお見舞いに来たと思いますか。
⑫お婆さんから狸の話を聞いた兎は、どうして怒りましたか。
⑬兎は何をすることを決めましたか。
兎は実際にどんな仕返しをしましたか。自分の言葉で、 順序立てて、説明してください。
○○さんなら、どんな仕返しをしますか。

⑯どうして兎は狸を許してあげましたか。
兎はどうやって狸を助けたと思いますか。
⑱兎は狸を連れて、どこへ行きましたか。それはどうしてですか。
⑲この話は読者にどんなことを伝えようとしていますか。
仕返しをすることについて、どう思いますか。

学生たちが質問に答えるのに慣れてきたら、その後は、できるだけ紙を見ずに、自分の言葉で、答えさせるようにしています。

また、いつも教師が学生に質問するだけでは、授業が単調になってしまいますので、学生自身が質問を作って、学生に質問させたり、教師に質問させたりもしています。

そうすることによって、学生が質問を作る力を身に付けることができ、実際の日本人とのコミニケーションにおいても、その質問力が生きてき、話し上手になれるだけではなく、聞き上手にもなれます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする