スポンサーリンク

中国人の日本語の覚え方

シェアする

中国人の日本語の覚え方

今年中国ではこちらの写真がSNSで話題になりました。

こちらの写真は何の暗号かわかりますか。こちらの写真だけで暗号が解けた方は中国通と言えるでしょう(笑)

こちらの写真だけでは分からない方が多いと思いますので、暗号を解くためのヒントを差し上げたいと思います。

まず最初のヒントはこちらのおばさんが今何をしているかです。

答えは「おばさんが鉄路を洗っています」です。

次のヒントは「おばさんが鉄路を洗っています」を中国語に翻訳してください。そうすると、自ずと暗号が解けるでしょう。

「おばさんが鉄路を洗っています」は中国語で「阿姨洗铁路」と言います。この中国語を発音すると、日本語のある言葉と同じ発音になります。

それは「阿(あ)姨(い)洗(し)铁(てぃえ)路(るぅ)」、つまり「愛してる」です!!!

もしかしたら、こちらのおばさんは日本人に「愛してる」を伝えるために、こちらの写真を撮ったのかもしれません(笑)

日本語を学習している中国人は平仮名で日本語の発音を覚えますが、一般の中国人は平仮名が読めないため、このように漢字で日本語の発音を表記して覚えます。なぜなら、覚えやすいからです。

もう一つ例を挙げると、「雅蠛蝶」です。こちらはかつてネットの流行語になりました。

「雅蠛蝶」をそのまま発音すると、

日本でもお馴染みの言葉で、中国中の男性が知っている「雅(や)蠛(みぃえ)蝶(でぃえ)」、つまり「やめて」です!!!

以前私は本屋でとっさの一言のような日本語の会話本を見たことがあるのですが、その会話本には平仮名の上に漢字でルビが振っていました。これは日本の中国語の会話本に片仮名が振っているのと同じような感じなのでしょう。

ただ、その中国語を片仮名通りに発音するのと同じように、その日本語を中国語の漢字の読み方で発音すると変になります。先ほどの「愛してる」も「やめて」も、中国人が漢字の発音でそのまま読むと、訛っているように聞こえます。

ですから、やはり本来の発音通りに読むためにも、日本語の場合は仮名の発音が、中国語の場合はピンインの発音がとても重要だなと、一般の中国人が話している日本語を聞いて、つくづく思いました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする