スポンサーリンク

薬を食べるとお粥を飲む

シェアする

中国語では薬を食べる

「食べる」ことと「飲む」ことは、生き物にとって非常に大事なことですが、ただ、日本語と中国語では、「食べる」と「飲む」の動詞の使い方に違いが見られます。

日本語では「薬を飲む」と言いますが、中国語では「薬を食べる(吃药)」と言います。

日本人の感覚からすると、薬は飲むものだと思うのですが、どうして中国語では薬を食べると言うのでしょうか。どうやら、中国語では、飲む(喝)を使うのは、物が液体の時だけで、物が個体の時は食べる(吃)を使うからのようです。中国語では、このように飲むと食べるの使い分けをしているようです。

そう考えてみたら、薬を食べるを使うのも、なんだか頷けるような気もしますが。

日本にあるかどうかわかりませんが、中国の胃薬の中には、大きな錠剤で、噛み砕いて、飲むタイプのものがあります。ですから、この薬に対しては、飲むよりも、食べるを使ったほうが合うような気がします。

こう考えてみると、もしかすると、中国の昔の薬は大きかったのかもしれません。薬はなんか大きいほうが、成分がたくさん入っていて、効用が大きいような感じがしますので。ですから、おそらく、中国では、昔は薬を噛み砕きながら、飲んだことから、中国語では「薬を食べる」と言うようになったのではないでしょうか。

ただ、そうは言うものの、学生に教えるときは、いつもこう言っています。「中国語では「薬を食べる」と言いますが、日本語では「薬を飲む」と言います。中国人は「薬を美味しい、美味しいと言って、食べるんですか。なんか変ですね」と。このようにいつも、からかっています(笑)

 

また、中国では、粉薬を飲むときは、粉薬を水に混ぜて飲みます。これは子供、大人に限らずです。日本では、そうするのは、小さい子だけですが。もし大人がそうしたら、お前は子どもかと馬鹿にされるでしょう。ですから、このことについても、いつもからかっております(笑)

中国語ではお粥を飲む

日本語ではお粥を食べると言いますが、中国語ではお粥を飲む(喝粥)と言います。

日本人の感覚からすると、お粥は食べるものだと思うのですが、どうして中国語ではお粥を飲むというのでしょうか。やはり、先ほどと同じ理由で、お粥も、液体だからなのでしょう。ですから、飲む(喝)を使うのでしょう。確かに、お粥は噛むというよりも、飲み込んでいるような感じですからね。

こちらに関しては、中国語の表現のほうが正しいかもしれません。

なぜなら、中国にはこのようなジュースの容器に入れられたお粥が売っていて、これに太いストローを刺して、飲むからです。

お粥は日本では病気になったり、お腹が痛くなったりしたときに、食べるというイメージがありますが、中国では、病気に限らず、毎朝、お粥が食べられています。ですから、日本のお粥事情を話すと、学生は、とても驚きます。

ただ、中国のお粥は塩ではなく、砂糖を入れることが多いので、甘いです。ですから、私は中国のお粥はあまり好きではありません。もちろん、しょっぱいお粥もありますが、種類は少ないです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする